所有物件一覧

札幌市豊平区 区分マンション

  • 2010年4月購入
  • 2DK⇒大きな1Kへ変更
  • 表面利回り:20.5%

札幌市北区 戸建

  • 2011年10月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:31.2%

石狩市 戸建

  • 2012年9月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:39.1%

石狩市 戸建

  • 2013年7月購入
  • 5LDK
  • 表面利回り:31.5%

小樽市 戸建

  • 2013年10月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:35.5%

札幌市手稲区 戸建

  • 2013年12月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:26.3%

石狩当別 戸建

  • 2013年12月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:25.4%

小樽市 戸建

  • 2014年7月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:27.5%

江別市 戸建

  • 2015年3月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:15.7%

2014/12/08 09:50

平成27年度税制改正の可能性 ①≪法人税≫

大先輩大家のありがたいブログは下記から閲覧可能(^-^)
ブログランキング応援クリック<(_ _)>ございます!!
↓↓

不動産投資 ブログランキングへ

平成27年度税制改正大綱の公表は、衆議院解散・総選挙により年明けに
ずれ込でしまったようですね~(+o+)

よって税制改正の詳細は年明けまで不明・・・(;一_一)
しかしながら、今年は皆さまもご存じのとおり法人税実効税率の引下げを軸に、税制改正についてかなり議論され、すでに議論が煮詰まっている項目もあります。
そこで「現時点」で改正の可能性が高そうな点を自分の勉強も含めてブログUPしたいと思います。

≪法人税の実効税率の引下げとその財源としての課税強化≫

安倍首相が今年1月のダボス会議において、法人税実効税率の引下げに言及したため、
その後は引下げることを前提とし、その財源をどうするかが国内で議論されてきました。

その内容より次年度改正の可能性が非常に高いと思われる点は次の通りです。

・法人税の実効税率の引下げ △2%程度の見込み
・租税特別措置の期限切れ 原則通り廃止
(事業用資産の買換え特例も、単純延長はないと予想)
・繰越欠損金の控除限度割合 現行の80%から引き下げ
・受取配当金の益金不算入 持株比率5%未満等への課税強化
・減価償却 定額法への一本化(適用時期は先の見通し)
・外形標準課税の拡充 付加価値割の税率アップ
(付加価値割の税率がアップすると、賃上げを行った場合の税負担が増えるため、
賃上げ分は課税ベースから外すような措置が取られる見込み)


【留意点】
衆院選挙の結果等により、状況が大きく変わる可能性があります。
「現時点」での展望ですので、その旨ご了承お願い致します。





スポンサーサイト

コメントの投稿





















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
→http://poormans.blog.fc2.com/tb.php/298-23c9e682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)