所有物件一覧

札幌市豊平区 区分マンション

  • 2010年4月購入
  • 2DK⇒大きな1Kへ変更
  • 表面利回り:20.5%

札幌市北区 戸建

  • 2011年10月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:31.2%

石狩市 戸建

  • 2012年9月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:39.1%

石狩市 戸建

  • 2013年7月購入
  • 5LDK
  • 表面利回り:31.5%

小樽市 戸建

  • 2013年10月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:35.5%

札幌市手稲区 戸建

  • 2013年12月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:26.3%

石狩当別 戸建

  • 2013年12月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:25.4%

小樽市 戸建

  • 2014年7月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:27.5%

江別市 戸建

  • 2015年3月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:15.7%

2014/05/01 15:18

賠償交渉のポイント

大先輩大家のありがたいブログは下記から閲覧可能(^-^)
ブログランキング応援クリック<(_ _)>ございます!!
↓↓

不動産投資 ブログランキングへ



さて、雪害で苦労している石狩の戸建に
颯爽と発生した、落雪による近隣トラブルですが

まずは、一度当方が依頼した業者様と保険鑑定会社で
実物を拝見させて頂いた状況では『損害無と判断』された。

が、しかし

数日後、隣人より、『サイディングが歪んでいる』とのクレームを
頂いたという状況で賠償交渉スタート致しました。

≪賠償交渉のポイント≫
よく『加害者側で業者決めて直してくれればいいよ♪』なんて回答があると、良い人だな~と思いがちですが・・・これが危ないのです。本当に良い人もいますが、修理業者も加害者側となった場合、適正な修理を行っても永遠にクレームを付けられて全く処理が終わらず、妥協点を見いだせない泥沼になる事が良くあります。

ここで大切なのは、『被害者側に損害の立証と業者の手配を依頼する事』です。特になんだかすんなりいかなそうな匂いを感じた時は(これが一番難しいんですけどね・・・w)、絶対に加害者側で良かれと思って復旧業者の手配などは行なわない事が得策です。善意で対応していたはずが、最悪のケースでグルだと因縁をつけられます。

逆に考えれば、被害者が手配した業者がどんなに不備の修理をおこなってもこちらは適正な1回の工事費用を賠償すればよい事となり、復旧工事の不備による追加工事などはもう被害者と修理業者様だけの話となります。

ちょっとした事ですが、こうしたリスクコントロールがとても重要であると自分は考えています。

今後も賠償交渉動きがありしだい、掛ける範囲で記載予定です。

みなさんの何かの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿





















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
→http://poormans.blog.fc2.com/tb.php/229-5183ac3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)