所有物件一覧

札幌市豊平区 区分マンション

  • 2010年4月購入
  • 2DK⇒大きな1Kへ変更
  • 表面利回り:20.5%

札幌市北区 戸建

  • 2011年10月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:31.2%

石狩市 戸建

  • 2012年9月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:39.1%

石狩市 戸建

  • 2013年7月購入
  • 5LDK
  • 表面利回り:31.5%

小樽市 戸建

  • 2013年10月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:35.5%

札幌市手稲区 戸建

  • 2013年12月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:26.3%

石狩当別 戸建

  • 2013年12月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:25.4%

小樽市 戸建

  • 2014年7月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:27.5%

江別市 戸建

  • 2015年3月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:15.7%

--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/02/06 12:37

戸建にも保険感覚で『免震・制振』のシンプルな装置が登場 ~その2~

戸建にも保険感覚で『免震・制振』のシンプルな装置が登場
~その2~

では、制振装置はというと
こちらも『オイレス工業』が戸建住宅用に開発したダンパーの「ユラレス」という製品が人気のようです。

車好きにはダンパーと言えば振動を軽減したり、振動のスピードを調整する、足まわりについているサスペンションキットの軸の部分をイメージして頂ければ解りやすいでしょうか?(車好きじゃない人には全く解らない表現ですね・・・w)

簡単に言うと「住宅版サスペンションKIT」ですかね~

先ずは、免震装置と違い、制振装置(ダンパー)についてはコストが安く、導入へのハードルは低いようです。それでもそれなりの金額は掛かりますけど・・・

性能としては、一定の荷重(変化)が起きたときに効き始める性質の製品であることから、免震装置と比較すると大地震などの大きな力が加わった時の効力を発揮する意味合いが強く、もしもの際の安心材料としてとらえる方々が多いようです。

近年、都心部では、日当たりや、カーポート設置、歩行者からの目線などの理由で居間が1階より2階や3階へ設計されるケースが非常に多いです。この場合は地震が起きると1階フロアより、2階や3階フロアの方が揺れが大きくなります。このような揺れの違いを少しでも軽減する目的でスポットで制振装置(ダンパー)を採用するようです。

私としては、中古の戸建賃貸物件での大規模リフォーム時期に採用を検討したいと考えています。

入居者様の退去と、時期が重なればの修繕なのでまだまだ先の話ではありますが・・・w

≪『免震・制振』装置≫

戸建免震装置「FPSシリーズ」

戸建制振ダンパー「ユラレス」


自分が過去勉強した事の備忘としてブログに掲載しておりますが、皆様の何かの参考になれば幸いです<(_ _)>


大先輩大家のありがたいブログは下記から閲覧可能(^-^)
ブログランキング応援クリック<(_ _)>ございます!!
↓↓


不動産投資 ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメントの投稿





















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
→http://poormans.blog.fc2.com/tb.php/194-c72b1071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。