所有物件一覧

札幌市豊平区 区分マンション

  • 2010年4月購入
  • 2DK⇒大きな1Kへ変更
  • 表面利回り:20.5%

札幌市北区 戸建

  • 2011年10月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:31.2%

石狩市 戸建

  • 2012年9月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:39.1%

石狩市 戸建

  • 2013年7月購入
  • 5LDK
  • 表面利回り:31.5%

小樽市 戸建

  • 2013年10月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:35.5%

札幌市手稲区 戸建

  • 2013年12月購入
  • 3LDK
  • 表面利回り:26.3%

石狩当別 戸建

  • 2013年12月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:25.4%

小樽市 戸建

  • 2014年7月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:27.5%

江別市 戸建

  • 2015年3月購入
  • 4LDK
  • 表面利回り:15.7%

--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/01/23 12:31

所得税制改正のポイント 【給与所得控除の見直し】

所得税制改正のポイント ~平成26年度大綱~

≪平成26年度税制改正(予定)≫
【給与所得控除の見直し】

給与所得控除の上限が段階的に引き下げられる事は、みなさんご存知でしょうか?

平成28年分の所得税、住民税(個人)については平成29年分から、給与収入が1200万円を超える方の給与所得控除の上限が230万円で頭打ちとなります。
さらに、平成29年分の所得税、住民税(個人)については平成30年分から、給与収入
が1000万円を超える方の給与所得控除の上限が220万円で頭打ちとなります。

※私のような兼業大家の場合は、上記の給与収入は(給与所得+不増産所得)となります。

基本的には、給与収入が増えるとともに、給与所得控除も増える仕組みになっていますが、改正前は給与収入1500万の場合所得控除の上限が245万円だった物が、改正後は平成28年で給与収入1200万、平成29年には給与収入1000万円で上限に到達し、税負担が重たくなります。

あわせて、もともと上限だった給与収入1500万以上の方々も、控除額の上限が230万⇒220万と引き下げられる事より税負担が重くなってしまいます。

所等控除(図)


なぜ1000万円がボーダーでそれ以下は、控除額が引き下げられないか?という疑問はあくまでも私見ですが、この増税の改正素案を作っている官僚の管理職の給与収入が900万前後だから、自分達には痛みを伴わない改正となっているのでは?と考えてしまうのは自分だけでしょうかね?

自分の復習用にブログ記載しておりますが、みなさまの何かの参考になれば幸いです。


ブログランキング応援クリック<(_ _)>ございます!!
↓↓


不動産投資 ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメントの投稿





















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
→http://poormans.blog.fc2.com/tb.php/178-60c3b361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。